健康で美しくなることは多くの人の願いであり、近年健康食品はますます注目されています。そんな健康食品を取り扱う会社について見ていきましょう。

企業情報

サプリメントジャパンは、健康食品の開発から製造まで一貫して高いクオリティで提供している会社です。ハイクオリティな健康食品を通して、消費者の健康意識を高めるとともに、豊かな生活をサポートすることが使命とのことです。
そして企業として心がけていることが、安心して取引できる存在であること。サプリメントジャパンは、都内最大級の大きさの自社工場を所有しており、国際基準の認証を取得しているそうです。工場見学もできるので、具体的なビジネスの可能性もイメージしやすくなっているようです。そしてなによりも重要視しているのは製品の品質のようです。

品質について

サプリメントジャパンが製品を作るうえで重視している品質。安全かつ高品質な製品作りを目指して、全ての工程において品質管理体制を構築しているそうです。原材料の仕入れ前から品質管理が行われ、信頼できるメーカーを選定し、調査を行っているようです。調査内容は企画書や製造工程図、ポジティブリスト、試験成績書など。その後も検査が行われ、検査に合格した原材料のみを使っているのです。製品が出来上がってからも品質規格に適しているかなどの最終検査が行われます。
また、クオリティの維持・工場のため社内だけでなく社外の機関でも監査を実施しているとのことです。その厳しい検査をくぐりぬけたサプリメントジャパンは、cGMP、FSSC22000、健康補助食品GMPといった日本のみならず世界の機関からも品質基準の認証を得ています。

サプリメントジャパンのこだわり

同社は妥協なしの高品質へのこだわりを持っています。そして秀でたプロデュース力で、消費者の要望に応えてくれるようです。技術開発になくてはならないのは、チャレンジ精神だとサプリメントジャパンは言っています。常識にとらわれず、諦めないでチャレンジを続けていくことで今日不可能だったことが明日は常識になるかもしれません。好奇心とバイタリティを持って、新しい価値をつくりだしていくそうです。また、あらゆる試作機器を完備しているため、消費者が納得いくまで何度も試作を行うとのことです。

まとめ

高い品質にこだわりを持ち、品質管理を徹底しながら製品を世に出すサプリメントジャパン。その品質は日本や諸外国からも認証されています。様々な健康食品を通して、人々の幸せな将来に貢献してくれるのではないでしょうか。

テレビCMでもよく目にするネイチャーメイドはサプリメントブランドです。そんなネイチャーメイドについて詳しく調べてみました。

企業情報

ネイチャーメイドは、大塚製薬のニュートラシューティカルズ関連事業の一環で日本に導入されました。
同製品はサプリメント先進国であるアメリカで最も支持されている製品の一つのようです。セルフメディケーションという、自分で健康を管理するという考えが根付いているアメリカ。そんなアメリカで約40年前に誕生したのがネイチャーメイドでした。そして、1993年に大塚製薬がネイチャーメイドを日本に導入したのです。

品質・製品について

ネイチャーメイドは製薬メーカーならではの厳格な品質管理のもと製造されており、香料、着色料、保存料が使われていません。日本人に向けて処方された高品質のサプリメントは一人ひとり違うライフスタイルや栄養状態に合わせて組み合わせ、将来のための健康づくりをサポートしてくれるようです。
ネイチャーメイドは、原材料を調達する時点から厳しい品質基準が設けられているそうです。高い管理基準をクリアしたもののみが、プレミアムなサプリメントとして消費者に届けられています。
ネイチャーメイドのスーパーシリーズは「毎日手軽に摂取できる」ことを意識して作られているようです。スーパーシリーズは、1日1粒摂取すればよいという手軽さが特徴です。その手軽さの秘密は、栄養素を1粒に凝縮して作られているからのようです。そして、よりたくさんの人に飲んでもらいたいという思いから、今までよりもリーズナブルな価格帯で提供されているのです。1日1粒でよければ、外出時の携帯にも便利でしょう。

ネイチャーメイドのこだわり

ネイチャーメイドを製造している大塚薬品は、健康の維持増進をサポートする製品を科学的根拠と共に消費者に提供してきました。機能性表示食品制度が始まったことにより、今まで以上に明確にわかりやすく、安全性や適切な商品選択の機会を確保できると自負しているようです。実際に人が口にするものだからこそ、製品にどんな成分が入っているのか、何が使われているのか明確に表示されていることは安心に繋がることでしょう。

まとめ

超高齢化社会となった日本に今重要なのは「健康寿命の延伸」ではないでしょうか。長生きをしても健康でなければ意味がありません。大塚製薬のネイチャーメイドは、科学的根拠を持ちながら人々がより健やかに生活できるよう、サプリメントを消費者に提供していくことでしょう。

マナテックはアンブロトースなどの栄養補助食品を販売している会社です。同社の企業情報や品質、こだわりについて調べていきたいと思います。

企業情報

マナテックはアメリカテキサス州にあります。人々の健康を願いながら製品開発を進め、アンブロトースなど様々なマナテックの製品が世界に届けられています。サプリメントの老舗として四半世紀にわたり、人々の健康と美をサポートしてきました。製品を愛用している人も世界に20か国以上居ると言われています。その人気の秘訣は一体なんなのでしょうか。
理由のひとつに、主力商品であるアンブロトースが世界30か国以上で特許を取っていることもあるのではないでしょうか。特許が信頼の証しになっているのでしょう。
また、マナテックは社会貢献活動にも注力しているようです。

〔注目サイト〕◇◇◇マナテックジャパン(同)のCSR・社会貢献活動 | 公益社団法人日本訪問販売協会公式WEBサイト

品質について

また、品質管理についても厳しい基準を設けているようです。同社は国内外の公的機関が定めた安全基準の準拠はもちろんのこと、自社独自テストや外部機関の品質評価も受けているのだとか。まるで製薬会社レベルのような徹底した品質管理は、人々に健康になってほしいという願いを込めて製品を作っているマナテックには当たり前の事なのかもしれません。その徹底した品質管理が、消費者に安心感を与えているのでしょう。
GMP(適正製造規範)を遵守し、NSF認定やYGA認定を受けています。更にISKA認定も取得しています。

マナテックのこだわり

マナテックは、口にする製品を取り扱っているからこそ、本当の安全・安心にこだわりたいと考えているようです。信頼性を高めるためにも、様々な取り組みを続けています。先ほど述べたように、製品の品質を保つためのGMP遵守は、検査の徹底し劣悪なものが流通するのを防いでいるようです。それを可能にしているのが高性能な分析機器であり、マナテックにはそれらが揃っているとのことです。そしてReal Food Technologyという天然成分で製品作りを可能にした独自の技術。天然サプリメントと合成サプリメントでは体内での働きに大きな差があり、合成サプリメントはしばしば問題も起こっているのだとか。マナテック製品は人工的な原料を使用せず、自然の恵みをあるがままの形で届けたいとの思いでReal Food Technologyが誕生したようです。
タスマニア産のワカメ、コスタリカ産のアロエベラ、オーストラリア産のワイルドプラム、アメリカ・カナダ産のカラマツ、メキシコ原産のワイルドヤムなど世界のこだわりの原材料を集め、天然成分の有用性を徹底的に研究しているそうです。

まとめ

健康をサポートするためのサプリメントで問題が起きてしまったら元も子もありません。安心な製品を消費者に届けるため、マナテックは厳しい品質管理と厳選された原材料を使用しているのでしょう。

日本ビーエフ株式会社は、栄養補助食品をはじめ化粧品など高品質な製品を消費者に提供している会社です。日本ビーエフについて詳しくみていきましょう。

企業情報

日本ビーエフは1984年に創業しました。社名はバランスのBとフードのFという意味だそうです。「過不足のない調和のとれた食生活を提供したい」との想いから設立されました。健康食品が今ほど認知されていない当時でも、日本ビーエフの栄養補助食品「アルファルファ」の販売は順調でした。しかし創立した趣旨である「調和のとれた食生活」を担う主力製品にするには、満足できる製品ではなかったようです。
そして試行錯誤の結果、たどり着いた答えは「免疫」。免疫力のアップを第一として多くの健康食品を提供しようと、方針が決まったようです。
そして今、日本ビーエフが販売しているビオストラスは、免疫機能を研究しているスイスの会社が開発した総合栄養補助食品です。
そのほかにも日本ビーエフは内側から健康を、外側から美容をと考え、現在数十種類の栄養補助食品と化粧品を取り揃えています。

品質について

栄養補助食品で重要なことはなんでしょうか。大切なのは、それぞれの栄養素の含有量でしょう。しかしそれらは表示が義務付けられているため、どのメーカーでも大差はないそうです。もっと重要なのは、その「質」なのです。
含有量が多いのに値段が安いというのは、安い材料を使い安い工賃と大量発注でいくらでも価格を抑えることが可能なのだとか。
日本ビーエフは、高品質の材料と、製法、品質管理を求め、いかに購入しやすい価格で提供できるかと常に努力しているそうです。高品質な製品を消費者に届けるため、最高レベルの材料を厳選し、製品を作っているとのことです。

日本ビーエフのこだわり

日本ビーエフは製品ポリシーにこだわりを持っています。世界の最高質の天然素材だけを使い、栄養補助食品を作っているそうです。日本ビーエフが販売しているスイスのビオストラスは世界58か国で愛用されているとのことです。他にも緑黄色野菜の王様アルファルファ、美しい海底に生息している珊瑚や、A級品の完熟プルーン、アルゼンチン産の白ブドウ、北欧産のブルーベリーなど世界各国の厳選素材を取り揃えています。食用としても世界最高レベルの天然素材で作られているのが日本ビーエフの栄養補助食品とのことです。

まとめ

免疫に目を向け、世界で愛されているビオストラスに注目した日本ビーエフは、ビオストラス以外にも高品質な材料を使用し、安心して飲めるような健康補助食品を作っているようです。気になる方は一度手に取ってみてはいかがでしょうか。

株式会社フヨウサキナは美しさを保つための美容成分に着目したサプリメントを提供している会社です。様々な面からビューティーサポートをしたいと考えているサキナについて見ていきましょう。

企業情報

サキナが目指しているものは見た目だけの美しさではなく、本質的な美しさを手に入れることだそうです。一人ひとりが飾らない美しさを、そしてその人らしく輝けるような充実と喜びをサポートすることです。
サキナで販売されているサプリメントは、美容成分に注目し、美しさを保つために毎日続けられるように開発されているとのこと。飽きずに続けられるサプリメントによって、美しさを内側からサポートしてくれることでしょう。
商品はサキナコンドロイチン、サキナコラーゲン、サキナセラミドがあります。
サキナコンドロイチンは、サメ軟骨を抽出した食用のコンドロイチン、グルコサミンなどを配合しています。サキナコラーゲンは、美しい肌を保つのに必要不可欠なコラーゲンをメインに、美をサポートするイソフラボンやビタミンCなどが配合された健康補助食品。コーヒーやお茶に混ぜて手軽に続けることができるでしょう。サキナセラミドは、パイナップル由来のフルーツセラミドをメインに、月桃葉エキスやビタミンB2を配合したゼリー状の健康補助食品です。他にも化粧品やヘアケア、ボディケアと外側から美しさをサポートする製品も販売しています。

品質について

サキナのパートナー会社として、主要製造メーカーの東洋ビューティー株式会社が挙げられています。同社は、大学や公的研究機関、素材メーカーと提携し研究開発を行っているようです。バイオテクノロジーや天然素材の中から、皮膚科学に基づく有効成分の開発にも取り組んでいるとのこと。また、同社は国際規格の「ISO9001」も取得し、品質管理能力は折り紙付きであると言えるでしょう。

フヨウサキナのこだわり

サキナのサプリメントは、身体の様々な部分に存在する成分を含んでいます。主に肌に多く存在するものですが、加齢とともに減少していくもの。そこで内側からしっかりケアをしようという考えのようです。また、コンドロイチンなどはフカヒレや燕の巣といった高級食材に含まれることが多く、一度食べたからすぐに効果が現れるというものでもありません。継続は力なりという言葉があります。サキナには、手軽に補えるサプリメントで美容のための成分を継続して摂ってもらいたいというこだわりがあるようです。

まとめ

美しさをサポートするという観点から作られたサキナのサプリメント。続けることで、内側から美しさを引き出すことができそうです。興味のある方は試してみてはいかがでしょうか。